極東連邦総合大学 タギル・フジヤートフ国際経済学部教授が来学

国際交流

2018年01月31日

2018年1月29日(月)、本学と交流協定を結ぶロシア/極東連邦総合大学より、タギル・フジヤートフ国際経済学部教授が来学されました。

(写真左から)富山副学長、フジヤートフ教授、オリガさん

(写真左から)富山副学長、フジヤートフ教授、オリガさん

フジヤートフ教授は、1月31日(水)に行われるERINA公益財団法人環日本海経済研究所主催の「2018北東アジア経済発展国際会議(NICE)in Niigata」に登壇されます。このたび、国際会議に先立って本学を訪れ、富山栄子地域・国際担当副学長主導のもと、極東連邦総合大学と本学との国際交流や教員による共同研究について意見を交換しました。

意見交換の様子

意見交換の様子

また、本学に在籍するロシア/極東連邦総合大学出身のエスィプ・オリガさんがフジヤートフ教授と面談し、オリガさんが研究する「極東地域における貿易・経済」について質疑応答を行いました。フジヤートフ教授からは、ウラジオストク自由貿易港と優先的社会経済発展地域における現状と課題について、様々な観点から助言をいただきました。

研究についての質疑応答

研究についての質疑応答

今回の来学を機に、今後の極東連邦総合大学と本学との交流がますます発展していくことが期待されます。

江川事務局長も同席

江川事務局長も同席

このページのトップへ