MBAと起業家を目指すなら事業創造大学院大学

文字サイズ

トップページへ

事業創造大学院大学 ホーム > イベント > 記事:"12/17(土)10:30~ オープンキャンパス【午前の部】「税理士試験科目免除申請説明会」"

イベント情報

2016.11.12

12/17(土)10:30~ オープンキャンパス【午前の部】「税理士試験科目免除申請説明会」

事業創造大学院大学では、将来、税理士として活躍を目指す社会人・学生を対象に、税理士試験に合格しなければならない5科目のうち、税法2科目免除(または会計1科目免除)が可能となる「税法演習(および会計演習)」を開設しています。

このたび、本学の「税法演習」を履修し、本学修了後に国税審議会に対して「科目免除申請」を行った修了生が、見事「科目免除の認定」を受け、税理士試験5科目すべて合格することができました。

さらに本学では、税理士試験の科目免除だけでなく、MBA取得により独立起業を目指すことが可能です。ご興味のある方は、この機会にぜひ本学オープンキャンパスにご参加ください(参加無料・要予約)。

オープンキャンパス実施概要

<日 時> 12月17日(土)10:30~12:00
<会 場> 事業創造大学院大学
<所在地> 新潟県新潟市中央区米山3-1-46(JR新潟駅から徒歩5分)

<スケジュール>
10:15 受付開始
10:30~11:00 大学院概要説明
11:00~11:45 税理士試験科目免除申請について
11:45~12:00 入試説明
12:00~  個別相談、施設見学(※希望者のみ)

<参加対象>
●税理士として将来独立開業を志し、税理士試験合格を目指している方
●税理士法人および税理士事務所に所属しながら、税理士試験合格を目指している方
●税理士法人および税理士事務所における将来の後継者候補として期待され、税理士試験合格を目指している方
●具体的展望は未定であるが、これから税理士試験合格を目指して税理士業に就くことを検討している方
●大学院進学による税理士試験の一部科目免除申請制度に関心のある方 など

<参加費> 無料

<申込方法>
1.オープンキャンパス申込専用フォームからお申込みいただくことが可能です。以下のフォームよりご入力ください。
「資料請求」および「オープンキャンパス申込」について

2.申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXでお申込みいただくことも可能です。申込書は以下からダウンロード可能です。
12/17(土)オープンキャンパス チラシ及び申込書

3.その他E-mail、電話でもお申込みを受け付けております。その際は、「何をきっかけにお知りになられたか」を必ずお知らせのうえ、お申込みください。

<申込締切>
12月16日(金)17:00までに本学へご予約下さい。

<お問合先>
事業創造大学院大学 事務局(担当:濱田・佐藤)
TEL:025-255-1250
FAX:025-255-1251
E-mail:info@jigyo.ac.jp

大学院概要説明 10:30~(30分)

事業創造大学院大学ではどのようなことが学べるのか?・・・入学した方々はどんな目的で何を学び、どのようになったか?・・・また現在の仕事や自己の成長にMBAがどういった点で役立っているのか?・・・仕事と学業の両立は可能なのか?・・・好きな科目だけを受講できるのか?などなど、これまでに参加された方々の疑問や質問を踏まえながら事業創造大学院大学で学ぶ意義や概要・特徴をお伝えします。


税理士試験科目免除申請について 11:00~(45分)

事業創造大学院大学では、税理士を目指されている方を主たる対象として、「税法演習」及び「会計演習」を開設しています。「税法演習」では税法に関する論文の作成指導、「会計演習」では会計に関する論文の作成指導を行います。

なお、「税法演習」と「会計演習」のいずれかを履修し、修士論文を作成して、本学を修了すると、「税法演習」履修の場合は、税理士試験の「税法科目2科目の免除」を、また、「会計演習」履修の場合は、税理士試験の「会計科目1科目の免除」を申請することが可能となります。(修了後、国税審議会に申請し、認定を受けることにより、受験が免除されます。)

担当:
鈴木 悠哉 講師 (事業創造研究科 担当科目:税法A、税法B、演習Ⅰ・Ⅱ)

横浜国立大学 大学院国際社会科学研究科 博士課程後期 国際経済法学専攻 単位取得退学、博士(国際経済法学)
租税法学を研究対象とし、とりわけ、国境を越える経済活動に対する課税と関連した各国の国内租税法制及び租税条約に焦点を当ててきた。近年は、欧州域内における直接税の動向や、外国法を設立準拠法とする各種実体の課税関係に注目している。

入試説明 11:45~(15分)

大学院進学への道は、必ずしも大学卒業者だけに限られたものではありません。高校卒業、専門学校卒業、短大卒業の方でも実務経験が一定以上あれば大学院へ進学する道はあります(もちろん現役大学生が進路先の一つとして大学院進学も可能です)。一見すると敷居の高いイメージがある大学院進学というキャリア形成の道。本学ではキャリアアップを考えるすべての皆様に大学院へ進学するために必要な入学資格要件をはじめ、入学時期、試験方法、本学の入学者受入方針などについてお伝えします。

※希望される方のみ

個別相談:
上記に参加し疑問や質問、不明点など一人ひとりのご要望に合わせ別途お時間を設けてご相談にお応えします。
施設見学:
希望者には大学院館内施設のご案内もいたします。お気軽にご参加ください。

問合せ・お申込先

事業創造大学院大学 事務局(担当:濱田・佐藤)
TEL:025-255-1250
FAX:025-255-1251
E-mail:info@jigyo.ac.jp
〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-46

起業家ならびに組織内事業創造を担い得るプロフェッショナルを育成する大学院
本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。 社会人の方が仕事と勉強の両立が可能なようフレキシブルな学習環境をご提供しております。 経営戦略、マーケティング、会計・財務、アントレプレナーシップ等の広範囲なMBA科目から、必修5科目と個人の目的に合わせて選択科目を履修することになります。 グローバルな視野を持ち「事業を創造すること」、そして「それを実現する強い精神を涵養すること」、それが事業創造大学院大学の理念です。

本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。

学校法人 新潟総合学園 事業創造大学院大学(専門職大学院)/英文名:Graduate Institute for Entrepreneurial Studies
許可なく転載を禁じます/Copyright(C) All Rights Reserved.

新潟キャンパス:〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
TEL:025-255-1250 FAX:025-255-1251