MBAと起業家を目指すなら事業創造大学院大学

文字サイズ

トップページへ

事業創造大学院大学 ホーム > トピックス > 記事:"黒田副学長がAI(人工知能)新会社の代表取締役に就任"

イベント情報

2017.08.04

黒田副学長がAI(人工知能)新会社の代表取締役に就任

本学 黒田 達也 産官学連携担当副学長・教授が、株式会社新潟人工知能研究所の代表取締役に就任しました。

株式会社新潟人工知能研究所は、本学を含む大学運営や教育事業を手がけるNSGグループによって、2017年8月3日に設置された新会社です。AI(人工知能)技術を駆使し、NSGグループ各事業の高付加価値化に加え、新潟のあらゆる企業、団体、行政の持つ様々なデータ解析をも手掛けることで、新潟地域の生産性向上と地域創生に寄与します。

今回の設立を受けて、黒田副学長は次のようにコメントしています。

「事業創造を旨とする大学院で教授するものとして、率先垂範するつもりで株式会社新潟人工知能研究所(Niigata Artificial Intelligence Laboratory;NAIL)を設立しました。ちなみに、米国の俗語で”You nailed it !”は、”やったね!”という意味があります。最後にみなさんへ一言、”You can also nail it!”」

黒田 達也 産官学連携担当副学長・教授

産官学連携担当副学長・教授
黒田 達也(クロダ タツヤ)
東京大学工学部卒。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(MBA)修了。東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻(TMI)博士後期課程在籍。(公財)松下政経塾(14期生)修了。
(株)リクルート、(株)エイチ・アイ・エス、エイチ・エス証券(株)にて、財務、人事、経営企画を担当。(一社)日本経済団体連合会21世紀政策研究所主任研究員(日本政治・農業政策)。金融庁金融審議会専門委員。駒沢大学・昭和女子大学・日本女子体育大学などで就活ゼミナールを開講。現在、(公社)日本ニュービジネス協議会連合会特別参与、(株)事業創造コンサルティング代表取締役、事業創造ベンチャーキャピタル(株)取締役、新潟ベンチャーキャピタル(株)取締役、大樹リサーチ&コンサルティング株式会社特別研究員。日本ベンチャー学会・ビジネスモデル学会会員。新潟経済同友会特別会員。著書『日本政治における民主主義とリーダーシップのあり方』(共著、経団連21世紀政策研究所)。

起業家ならびに組織内事業創造を担い得るプロフェッショナルを育成する大学院
本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。 社会人の方が仕事と勉強の両立が可能なようフレキシブルな学習環境をご提供しております。 経営戦略、マーケティング、会計・財務、アントレプレナーシップ等の広範囲なMBA科目から、必修5科目と個人の目的に合わせて選択科目を履修することになります。 グローバルな視野を持ち「事業を創造すること」、そして「それを実現する強い精神を涵養すること」、それが事業創造大学院大学の理念です。

本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。

学校法人 新潟総合学園 事業創造大学院大学(専門職大学院)/英文名:Graduate Institute for Entrepreneurial Studies
許可なく転載を禁じます/Copyright(C) All Rights Reserved.

新潟キャンパス:〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
TEL:025-255-1250 FAX:025-255-1251