MBAと起業家を目指すなら事業創造大学院大学

文字サイズ

トップページへ

事業創造大学院大学 ホーム > トピックス > 記事:"2017年度秋学期 学位記授与式・修了式が挙行されました"

イベント情報

2017.09.26

2017年度秋学期 学位記授与式・修了式が挙行されました

2017年9月22日(金)、ご来賓の皆様ならびに保護者の方々のご列席のもと、事業創造大学院大学において秋学期学位記授与式・修了式が挙行されました。日本人をはじめ、中国、ベトナム、タイ、インド、ロシア、スロバキア、カンボジア、インドネシアの留学生を含む29名の方に、MBA経営管理修士(専門職)が授与されました。

修了式後の記念撮影
修了式後の記念撮影

式では仙石学長が、「現在は、破壊型イノベーションの始まる段階で、新しい産業が起きる大きな可能性を秘めています。本学で学んだことが活かせる、やり甲斐のある環境が目の前に存在しているということは、非常に幸運なことです。」と激励の言葉を送りました。

学長式辞
学長式辞

つづいて、修了生を代表しシャラカ・ガジャナン・マノハルさん(インド:ティラク・マハラシュトラ大学大学院出身)が、「社会志向のある事業計画書を作成するべく取り組んでいた私にとって経済的な視点を意識し、事業経営の実務上の課題を抽出し、最も実現性の高い計画を立てることは非常に大きなチャレンジでした。」と2年間の学生生活を振り返るとともに、「私たち一人ひとりが託された使命をそれぞれの分野で活かすことにより、自分のいる地域社会のため、ひいては国際社会のために大きく貢献できることを目指し、精進してまいります。」と今後の決意を誓いました。

修了生代表答辞
修了生代表答辞

学位記授与式終了後には、本学の修了要件でもある学位論文最終審査において、優秀な成績を修めた者を表彰する「事業創造アウォード」の受賞者が発表されました。

優秀賞は、修了生代表で答辞も務めたシャラカ・ガジャナン・マノハルさんと、胡 玉蘭さん(中国:東華大学出身)が受賞しました。ふたりは仙石学長から表彰状を手渡され、受賞スピーチを行いました。

シャラカ・ガジャナン・マノハルさん 胡 玉蘭さん
シャラカ・ガジャナン・マノハルさん     胡 玉蘭さん

最優秀賞を受賞した増田 功さん(北越工業株式会社勤務)は、ご自身の業務の都合で残念ながら修了式への出席が叶いませんでしたが、修了式後の懇親会の席上で、「事業創造アウォード」の表彰状とトロフィーを受け取り、指導教員である五月女 教学担当副学長・研究科長・教授と固い握手を交わしました。

表彰状とトロフィーを受け取る増田さん 五月女副学長(左)と増田さん 懇親会での記念写真
表彰状とトロフィーを受け取る増田さん 五月女副学長(左)と増田さん    懇親会での記念写真

修了された皆様、2年間、本当にお疲れ様でした。そして改めましておめでとうございます。 教職員一同、修了生の皆様の更なるご活躍とご健勝を心から祈念いたします。

起業家ならびに組織内事業創造を担い得るプロフェッショナルを育成する大学院
本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。 社会人の方が仕事と勉強の両立が可能なようフレキシブルな学習環境をご提供しております。 経営戦略、マーケティング、会計・財務、アントレプレナーシップ等の広範囲なMBA科目から、必修5科目と個人の目的に合わせて選択科目を履修することになります。 グローバルな視野を持ち「事業を創造すること」、そして「それを実現する強い精神を涵養すること」、それが事業創造大学院大学の理念です。

本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。

学校法人 新潟総合学園 事業創造大学院大学(専門職大学院)/英文名:Graduate Institute for Entrepreneurial Studies
許可なく転載を禁じます/Copyright(C) All Rights Reserved.

新潟キャンパス:〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
TEL:025-255-1250 FAX:025-255-1251