宮島 敏郎

教授

宮島 敏郎

Miyajima Toshiro

  • 地域フィールドスタディ
  • 事業戦略ケーススタディ
  • 演習Ⅰ・Ⅱ

青山学院大学経営学部卒。事業創造大学院大学事業創造研究科修了 経営管理修士(専門職)。大学卒業後、新潟放送に入社。報道部記者として、ニュース取材と硬派のドキュメンタリー制作にあたる。制作した番組は様々な番組コンクールで受賞作となり、うち3本はグランプリを受賞。2006年よりNSGグループの広報室長として経営戦略に携わる。事業創造大学院大学公開ラジオ講座の責任者として、県内の経営者およそ100人にインタビュー取材。日本ベンチャー学会会員。

氏 名

宮島 敏郎

現 職

事業創造大学院大学 事業創造研究科 教授

学歴・学位

青山学院大学経営学部卒、事業創造大学院大学事業創造研究科修了 経営管理修士(専門職)

職 歴

1980~2006 (株)新潟放送(記者及び報道デスク)

2006~ NSGグループ広報室長

2015~ 事業創造大学院大学教授

2016~2018 NSGグループ広報室顧問

現在所属の学会

日本ベンチャー 学会

日本企業経営学会

教育に関する活動

2015~ 事業創造大学院大学教授

受賞
1991年5月 ドキュメンタリー「検証・地方政治~西山町公金流用事件」。日本民間放送連盟賞・テレビ報道部門甲信越地区3位受賞
1996年5月 ドキュメンタリー「原発に映る民主主義~巻町民25年目の選択」。日本民間放送連盟賞テレビ報道部門最優秀賞、地方の時代賞大賞、放送文化基金賞、JNNネットワーク協議会賞特別番組賞、ギャラクシー賞奨励賞受賞
1997年5月 「続・原発に映る民主主義~そして民意は示された」。日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)本賞、地方の時代賞優秀賞、JNNネットワーク協議会大賞、ギャラクシー賞選奨受賞
1998年5月 ドキュメンタリー「原発の町に消えた住民投票」。第14回世界テレビ映像祭・佳作受賞
1999年5月 ドキュメンタリー「構図は変わるのか~検証・公共事業削減」。地方の時代賞優秀賞受賞
2001年5月 ドキュメンタリー「救出~北朝鮮拉致疑惑とこの国」。日本民間連盟賞テレビ報道部門甲信越地区3位受賞
2002年5月 ドキュメンタリー「原発のムラ・刈羽の反乱」。地方の時代賞大賞、JNNネットワーク協議会賞特別番組賞受賞
2003年5月 ドキュメンタリー「公約~検証・十日町市長選挙」。日本民間放送連盟賞テレビ報道番組部門優秀賞受賞
論文
  • 「講演のむずかしさ」放送文化基金2002年1月号
  • 「個別取材をどう考えるかー北朝鮮拉致被害者報道を検証する集団的過熱取材をめぐってー」『新・調査情報』2003年03月号
  • 「株式会社バイオテックジャパンーバイオベンチャーにおける中核技術の創造と活用に関するケースー」『事業創造大学院大学紀要』第7巻第1号2016年 共著者:丸山一芳
学会発表・学術発表・口頭発表
  • 「バイオベンチャーにおける事業機会の発見と創造に関する一考察」日本企業経営学会第57回研究部会(山口大会)2018年12月
講演実績
  • 1997年7月 日本ジャーナリスト会議賞記念シンポジウムで受賞記念講演。
  • 1997年8月 新潟日報社で日本ジャーナリスト会議賞受賞の記念講演。
  • 19987月  九州マスコミ研究集会で講演。演題「地方メディアはなにを問うべきか」。
  • 2000年10月 村上建設業協会で講演。テーマ「公共事業の現状と政治」。
  • 2003年10月 「北日本制作者フォーラムinふくしま」パネラー。
  • 2012年1月 「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」評論家・作家の吉岡忍氏と「原発報道やジャーリズムのあり方」などをテーマに対談。
このページのトップへ