宮島 敏郎

教授

宮島 敏郎

Miyajima Toshiro

  • 企業研究B
  • 地域フィールドスタディ(事業創造研究)
  • 演習Ⅰ・Ⅱ

青山学院大学経営学部卒。事業創造大学院大学事業創造研究科修了 経営管理修士(専門職)。大学卒業後、新潟放送に入社。報道部記者として、ニュース取材と硬派のドキュメンタリー制作にあたる。制作した番組は様々な番組コンクールで受賞作となり、うち3本はグランプリを受賞。2006年よりNSGグループの広報室長として経営戦略に携わる。事業創造大学院大学公開ラジオ講座の責任者として、県内の経営者およそ100人にインタビュー取材。日本ベンチャー学会会員。

個人プロフィール紹介(学位、業績等)

氏 名

宮島 敏郎

現 職

事業創造大学院大学 事業創造研究科 教授
NSGグループ広報室顧問

学歴・学位

青山学院大学経営学部卒、事業創造大学院大学事業創造研究科修了 経営管理修士(専門職)

職 歴

1980~2006 (株)新潟放送(記者及び報道デスク)

2006~ NSGグループ広報室長

2015~ 事業創造大学院大学教授

2016~ NSGグループ広報室顧問

現在所属の学会

日本ベンチャー 学会

受賞

1991年 5月 新潟放送の記者時代に、宮島がチーフとなって制作したドキュメンタリー「検証・地方政治~西山町公金流用事件」(50分)が,日本民間放送連盟賞・テレビ報道部門甲信越地区3位を受賞。

1996年 5月

新潟放送の記者時代に、宮島がチーフとなって制作したドキュメンタリー「原発に映る民主主義~巻町民25年目の選択」54分が、日本民間放送連盟賞テレビ報道部門最優秀賞、地方の時代賞大賞、放送文化基金賞、JNNネットワーク協議会賞特別番組賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。

1997年 5月

新潟放送の記者時代に、宮島がチーフとなって制作したドキュメンタリー「続・原発に映る民主主義~そして民意は示された」59分が、日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)本賞、地方の時代賞優秀賞、JNNネットワーク協議会大賞、ギャラクシー賞選奨を受賞。

1998年 5月

新潟放送の記者時代に、宮島がチーフとなって制作したドキュメンタリー「原発の町に消えた住民投票」60分が、第14回世界テレビ映像祭・佳作を受賞。

1999年 5月

新潟放送の記者時代に、宮島がチーフとなって制作したドキュメンタリー「構図は変わるのか~検証・公共事業削減」48分が、地方の時代賞優秀賞を受賞。

2001年 5月

新潟放送の記者時代に、宮島がチーフとなって制作したドキュメンタリー「救出~北朝鮮拉致疑惑とこの国」59分が、日本民間連盟賞テレビ報道部門甲信越地区で3位を受賞。

2002年 5月

新潟放送の記者時代に、宮島がチーフとなって制作したドキュメンタリー「原発のムラ・刈羽の反乱」59分が、地方の時代賞大賞、JNNネットワーク協議会賞特別番組賞を受賞。

2003年 5月

新潟放送の記者時代に、宮島がチーフとなって制作したドキュメンタリー「公約~検証・十日町市長選挙」54分が、日本民間放送連盟賞テレビ報道番組部門優秀賞を受賞。

このページのトップへ