高中 公男

教授

高中 公男

Takanaka Kimio

  • マネジメントサイエンス
  • 市場調査法
  • 演習Ⅰ・Ⅱ

立教大学経済学部経済学科卒業。東京工業大学にて博士号取得。学術博士。経営士。産業カウンセラー。

政府系調査機関、民間コンサルティング会社等にて、産業調査、市場調査、コンサルティングに従事。矢野経済研究所では、自動車部門の立ち上げに参画し、上級研究員、企画開発室長を歴任。分野として、食品から自動車、業務としては、海外産業・市場調査、技術調査、技術の市場性評価、経営戦略、事業戦略、新製品開発、マーケティング戦略など、幅広い業種、企業、内容に関する調査、コンサルティングを実施。その他、若年層の就業支援を目的とした特定活動法人(NPO)キャリア・サポート協会を立ち上げ、活動を行っている。

個人プロフィール紹介(学位、業績等)

氏 名

高中 公男

現 職

事業創造大学院大学事業創造研究科教授

学歴・学位

立教大学経済学部経済学科卒業
東京工業大学にて博士号取得(学術博士)

職 歴

日本貿易振興会(現 日本貿易振興機構)、デンマーク農業理事会、矢野経済研究所、国際開発センター等において産業・市場調査、マーケティング、コンサルティングに従事。農業からサービス業までの幅広い部門において調査活動を経験。主として自動車関連のマーケティング、新製品開発などに参画。その他、食品、消費財の新製品開発、マーケティング活動の支援、地域地場産業(中小企業)の経営支援活動にも長らく従事。パキスタン国の自動車政策の立案も経験。

教育に関する活動

拓殖大学、立教大学、法政大学、千葉経済大学、芝浦工業大学等において専任、非常勤として教育・研究活動に従事。その他、米国のスタンフォード大学、カナダのトロント大学、ヨーク大学においても教育・研究に従事。また、鎌倉市、八王子市、中野区、江東区など自治体が運営している市民大学講座等の講師も歴任。

所属学会

日本経営学会
日本経済学会
日本経済政策学会
日本国際経済学会
景気循環学会
日本キャリア教育学会
日本感性工学会  他

社会的活動

社団法人電気学会自動車パーエレクトロニクス調査専門委員および水素と燃料電池の将来技術調査専門委員、日本マーケティング協会調査技術委員および編集委員、東京都自然環境保全審議会委員、東京都消費生活調査員等を歴任。また非営利活動法人キャリア・サポート協会を設立し、若年層のキャリア・デザイン、就業支援活動にも従事。

著 書

多国籍企業論(谷沢書房、1991年)
日米相互依存の経済学(ダイヤモンド社、1992年)
貿易の理論と政策(時潮社、1997年)
世界経済の戦後構造(時潮社、1998年)
外国貿易と経済成長(勁草書房、1999年)
海外直接投資論(勁草書房、2001年)   他

翻訳

国際マクロ経済学(ジェームス・トービン著、勁草書房、1989年)
戦略的通商政策の理論(ポール・クルーグマン編、文眞堂、1991年)
国際マクロ経済学(R・ドーンブッシュ=L・ヘルマース編、時潮社、1997年)
国際経済学(トーマス・シェリング著、時潮社、1998年)
経済発展と産業立地の理論(ポール・クルーグマン著、文眞堂、2001年)
国際マクロ経済学(R・ドーンブッシュ著、勁草書房、2001年)
外国貿易の理論(ポール・クルーグマン著、文眞堂、2004年)
国際金融の理論(ポール・クルーグマン著、文眞堂、2006年)  他

このページのトップへ