加藤 雄一

株式会社光・彩社外取締役
川田工業株式会社社外取締役

加藤 雄一

Kato Yuichi

1950年生まれ。立教大学卒業後、父親の経営する加藤スプリング製作所に入社。若手への権限委譲などさまざまな社内改革を実施。1987年、当時の上場会社の中では最も若い37歳で社長就任。先進的な2代目経営者として産業界の注目を集める。社長就任翌年の1988年8月にスプリング依存体質から脱皮し、総合精密部品メーカーへの転進を図ることを掲げた”中長期ビジョン”を発表。これが第2創業期の始まりとなる。2001年7月には社名をアドバネクスに変更。2005年4月代表取締役会長兼社長に就任。2013年6月に社長を退任し、代表取締役会長に就任。2015年4月株式会社光彩工芸(現・株式会社光・彩)社外取締役に就任。2015年6月川田工業株式会社社外取締役に就任。2018年6月株式会社アドバネクス代表取締役会長を退任。

講師経歴

財団法人海外技術者研修協会(AOTS)講演会講師、 財団法人社会経済生産性本部 講演会講師、 SMP中部大学夏期集中講座 講師、 立教大学 非常勤講師、 東京農工大MOT 客員教授、日本経営道協会リード力開発道場 講師、 政策研究大学院大学 講師、など

著書

オプションマネジメント

このページのトップへ