坂田 一郎

東京大学工学系研究科教授 兼
東京大学政策ビジョン研究センター教授

坂田 一郎

Sakata Ichiro

現職

東京大学工学系研究科教授 兼 東京大学政策ビジョン研究センター教授、工学部システム創成学科兼担

学歴

1989年 東京大学経済学部卒業

1997年 ブランダイス大学 国際経済・金融学大学院 修了(MA)

2003年 東京大学より、博士号(工学)取得

研究分野

イノベーション・技術経営、地域クラスター、サステナビリティ、科学技術産業政策 等

職歴

1989年 通商産業省(現在の経済産業省入省)

2008年 同省大臣官房政策企画官で退官、東京大学教授に就任

2013年 東京大学 工学系研究科教授、工学部兼担東京大学電力ネットワークイノベーション総括寄付講座共同代表東京大学政策ビジョン研究センター副センター長

2014年 東京大学政策ビジョン研究センター センター長

2015年 東京大学総長特任補佐

主な公職等

復興庁元参与、国土審議会特別委員・稼げる国土専門委員長、
地域未来牽引企業選考委員長(経済産業省)、
政府機関移転有識者会議委員、荒川区教育委員会教育委員
ネットワーク分析と言語処理の融合による大規模文献データからの
技術の未来予測プラットフォームの研究開発(NEDO/産総研)研究代表、
アドバンストバイオカーボン(ABC)コンソーシアム共同代表、
ERIA(国際機関 東アジアASEAN経済研究センター)技術ロードマッププロジェクト研究代表

著作(共著)

「知の構造化の技法と応用」(俯瞰工学研究所、2011年)
「クラスター組織の経営学」(中央経済社、2009年)
「クラスター形成による地域新生のデザイン」(東大総研、2005年)
「日本の財政改革:国のかたちをどう変えるか」(東洋経済新報社、2004年、「日経新聞社エコノミストが選ぶ経済・経営書第7位」、「ダイヤモンド・ベスト経済書100選」に選定) 等

論文業績

原著論文・国際学会発表 150編以上

このページのトップへ