MBAと起業家を目指すなら事業創造大学院大学

NSGグループ40周年

文字サイズ

トップページへ
事業創造大学院大学 本学について

事業創造大学院大学 ホーム > 本学について > 総長挨拶

総長挨拶

学校法人 新潟総合学園理事長 池田弘

起業家や組織内事業創造を担い得る人材の育成

日本経済を取り巻く環境は、労働人口の高齢化による潜在成長力の鈍化や経済のグローバル化などによって、かつてとは大きく変質してきています。新しく枠組みを変えつつある経済構造の中で企業活動の活力やダイナミズムを取り戻すことが、わが国経済の喫緊の課題になっています。長年教育事業に取り組んできましたが、企業社会にダイナミズムを復活させるために何ができるかを考えたとき、起業家や組織内事業創造を担い得る人材を育成することが使命だと強く感じました。
近年、起業家支援に力を注いできた中での実感ですが、まだまだ日本では起業家の育つ環境が整備されておらず、若い人達に、事業創造に必要な知識を学んでもらうことの必要性を常々感じていました。本学はそうした社会の要請に応えるべく創立されました。多くの人々が事業を起し、自分のやりたいことでいきいきと人生を送ることが当たり前になると、起業は就職に並ぶ、いえ、就職を超える職業選択の一つになるでしょう。そのような風土が日本にも定着していくことが重要です。
この大学院大学では、奨学金制度のほか、優秀で着実にテイクオフすると判断される事業計画にはインキュベーション施設を提供したり、ファンドを紹介し資金調達の支援をする等、“やる気”のある人材に具体的な起業の機会を提供いたします。
本学は外国人にも門戸を開き、既に多くの留学生が学んでおります。グローバル化の波の中でビジネスをとらえることは、今後ますます必要になってくると思います。留学生の皆さんと机を並べ共に学び情報交換を行うことは、グローバルな感覚を養う大変良い機会になると思いますし、人的なネットワークの構築にもつながると思います。このように、国際化に対応できる環境を提供しております。
起業家や組織内事業創造を担う人材を送り出し、日本の経済発展に寄与していくという本学の理念をご理解し、多くの方に門をたたいていただけることを願っております。

プロフィール

いけだひろむ:1977年に愛宕神社宮司に就任し、同年に新潟総合学院を開校、理事長に就任。
1995年に学校法人新潟総合学院理事長、2000年に学校法人新潟総合学園(新潟医療福祉大学・事業創造大学院大学)理事長、2008年に同総長就任。現在は、新潟県、福島県、東京都を中心に32校の専門学校をはじめ、大学院大学、大学、高等学校、学習塾、パソコン教室などの教育機関と、医療・福祉施設を運営する法人、資格検定・出版事業や商社、広告代理店、ホテル業、建設業、設計管理、飲食関連、アパレル関連、人材派遣、コンサルティング、IT・ソフトウェア、起業支援・アウトソーシングを行う株式会社、などからなるNSGグループの代表を務めている。また1996年に、株式会社アルビレックス新潟代表取締役社長(現在は取締役会長)に就任し、観客動員数を国内トップクラスにまで押し上げる。2003年にはJ2リーグ優勝、J1昇格を成し遂げ、地域密着型の新たなスポーツビジネスモデルを作り上げる。現在は起業支援に力を入れており、501社の公開並み企業の立ち上げ、育成を目指す起業支援プロジェクトに取り組んでいる。日本ニュービジネス協議会連合会会長、新潟経済同友会会員。

起業家ならびに組織内事業創造を担い得るプロフェッショナルを育成する大学院
本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。 社会人の方が仕事と勉強の両立が可能なようフレキシブルな学習環境をご提供しております。 経営戦略、マーケティング、会計・財務、アントレプレナーシップ等の広範囲なMBA科目から、必修5科目と個人の目的に合わせて選択科目を履修することになります。 グローバルな視野を持ち「事業を創造すること」、そして「それを実現する強い精神を涵養すること」、それが事業創造大学院大学の理念です。

本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。

学校法人 新潟総合学園 事業創造大学院大学(専門職大学院)/英文名:Graduate Institute for Entrepreneurial Studies
許可なく転載を禁じます/Copyright(C) All Rights Reserved.

新潟キャンパス:〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
TEL:025-255-1250 FAX:025-255-1251