MBAと起業家を目指すなら事業創造大学院大学

NSGグループ40周年

文字サイズ

トップページへ

事業創造大学院大学 ホーム > FAQ(Q&A)

イベント情報

よくあるお問い合せを掲載しています。 サイトを見てもわからない質問等は、info@jigyo.ac.jpまでメールでお問い合わせください。

1. MBAとは?

MBAとはMaster of Buisiness Administration。経営の大学院を修了すると与えられる学位[経営管理修士(専門職)]。MBAで習得できる「ヒト(組織・人事)」、「モノ(経営戦略、マーケティング、オペレーション)」、「カネ(アカウンティング、ファイナンス)」の知識とスキル、豊富なケーススタディーで身に付く問題解決能力は、場面を問わず評価されています。

2. 事業創造大学院大学のMBAカリキュラムの特徴について教えてください。

本学では、起業や事業創造をテーマとして実務家教員を多く配置した実践的なカリキュラムが特徴となっています。具体的には「経営戦略」、「財務・金融」、「情報・技術」、「アントレプレナーシップ」、「事業環境」の5分野(基礎科目が13科目、発展科目では27科目)を提供しています。

3. 事業計画書を作成するとありますが、これまでに作成したことがなく不安です。

事業計画書は、ビジネスプラン作成法の授業を通して作成に必要な知識・技能と思考力を養うとともに、担当教員との個別相談を通して方向性や実現性などをチェックし適切なアドバイスを受けることができます。1年次に事業企画書を作成し、2年次にゼミ形式にて事業計画書の作成に向けて、仮説の構築と検証といった具合に段階的に進めていきます。その全ての課程において演習担当教員が熱心に指導を行いますので安心して取り組んでいただけます。

4. 会社では管理部門に所属しているのですが、事業計画書の作成は必要なのでしょうか?

事業計画の作成には「仮説の構築」→「仮説の検証」→「仮説の再構築」→「再構築した仮説の検証」というビジネスには必ず必要な思考回路を学びます。このような思考のサイクルは“起業をする”、“起業をしない”に関わらず必要となります。また企業内、組織内のどの部署においても役立つスキルとなりますので、皆さんに取り組んでいただきます。

5. 一週間にどのくらい通えば2年間で修了できますか?

履修する科目数にもよりますが、平均的には一週間のうち、2日~4日通学すれば2年間で修了課程に必要な単位数(34単位)を修得することが可能です。本学では、1年次に多めに履修して2年次は演習(事業計画書の作成)に集中する人や、2年間をバランスよく履修する人、1年次・2年次ともフルに履修する人など様々です。また、修得する単位数も人により異なり、修了要件の34単位の人から、上限の60単位を修得する人まで様々です。

6. 仕事の関係上、2年間で修了することが困難な場合、その他の履修方法はありますか?

本学の学生が「職業を有している等の事情」により標準修了年限(2年)での履修が困難な場合、「長期履修生制度」を申請することによって2年を超えて一定の期間(3年または4年)にわたり計画的に教育課程を履修し修了することができます。この制度を利用される方は、本学へ入学する前か、もしくは入学後1年以内に申請を行っていただきます。

7. 起業しなくても修了はできますか?

もちろん修了できます。本学の学生は、起業を目指す方だけではなく、企業や団体等の組織に属して組織内の改革や新規の事業創造を目指す方も多数いらっしゃいます。起業することが修了の絶対条件ではありません。

8. 社内(企業)派遣を検討していますが、学生を派遣する企業の目的やメリットを教えてください。

企業や団体によってそれぞれ目的は異なりますが、「社員研修の一環」や、「後継者・経営幹部候補者・組織内で新規事業を担う人材の育成」という中・長期を見据えて派遣されるケースが多いです。特に将来の幹部候補者として、経営に関する幅広い知識の修得と人脈の拡大を期待しているようです。また、新規事業のミッションを持って入学し、修了後にそのテーマを事業化しているケースもあり、事業拡大の可能性が高まります。

9. 四年制の大学を卒業していませんが、出願や受験は可能でしょうか?

本学において個別の資格審査により大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で22歳に達している者は出願できる可能性があります。まずは出願される前に個別の出願資格審査が必要となりますので、事務局入試事務室までお気軽にお問い合わせください。

10. 2年間通う本科生以外に、大学院の授業を科目単位で履修できる制度はありませんか?

本学では事業創造研究科の授業を1科目(2単位)から学べるように科目単位で履修できる「科目等履修生制度」と「聴講生制度」の2つの制度を設けています。生涯学習の推進を図り、様々な学習ニーズに応えるようにしています。科目等履修生制度は授業科目を履修し、期末試験を受けて合格することにより一定の単位を修得することができます。また、10単位以上の履修者には、正式入学への進路を用意しています。一方、聴講生制度は科目等履修生制度と違って単位の修得(認定)は認められませんが、1科目(2単位)から聴講することができます。

起業家ならびに組織内事業創造を担い得るプロフェッショナルを育成する大学院
本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。 社会人の方が仕事と勉強の両立が可能なようフレキシブルな学習環境をご提供しております。 経営戦略、マーケティング、会計・財務、アントレプレナーシップ等の広範囲なMBA科目から、必修5科目と個人の目的に合わせて選択科目を履修することになります。 グローバルな視野を持ち「事業を創造すること」、そして「それを実現する強い精神を涵養すること」、それが事業創造大学院大学の理念です。

本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。

学校法人 新潟総合学園 事業創造大学院大学(専門職大学院)/英文名:Graduate Institute for Entrepreneurial Studies
許可なく転載を禁じます/Copyright(C) All Rights Reserved.

新潟キャンパス:〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
TEL:025-255-1250 FAX:025-255-1251