MBAと起業家を目指すなら事業創造大学院大学

NSGグループ40周年

文字サイズ

トップページへ
事業創造大学院大学 地域・社会連携

事業創造大学院大学 ホーム > 地域・社会連携 > 公開講座

公開講座

本学は“新潟”という地域から社会に向けて情報発信を行うと共に、市民の皆様、県民の皆様、企業の皆様を対象に、広く一般の方々へ公開講座を開催しております。

本年度の公開講座について

公開講座「やさしい経営学」~ベンチャービジネスの概念を学ぶ~

第一回:7月27日(土)、第二回:8月 3日(土)、第三回:8月31日(土)

詳細はこちら

 

過去の公開講座について

2013年1月26日(土)公開講座「企業永続の条件 ~事業承継の観点~ 」

慶應義塾大学 名誉教授 奥村昭博 氏

講師を務めていただいた奥村先生は、数多くの企業のコンサルティングを手掛けるとともに、ファミリービジネス研究所所長や経営研究会評議員など多数の社会活動を歴任されております。その経験と実践に基づいた内容を「企業継続の条件~事業承継の観点~」というテーマから、事業承継をお考えの中小企業の経営者や後継候補の方々など、およそ100名近くの方を前に講演されました。講演の概要については以下をご覧ください。

「企業永続の条件 ~事業承継の観点~」

日本は、長寿企業大国であり、企業永続について、昨今、世界から注目されている。長寿企業の大半が、ファミリービジネスであり、企業永続性にとって、ファミリービジネスであることが極めて重要である。企業が永続性を保っていくためには、実は、いくつかの節目を乗り越えなくてはならない。グライナーの組織成長段階において、個人、組織、分権、連邦制による各成長段階で、いかにその節目を乗り越えるかが企業永続性の鍵となる。創業者は、強いリーダーシップを持っているが、企業は、個人の創業的能力で伸びていく。しかし、創業経営者には、限界と失敗がある。その限界と失敗の要因を克服し、多くの節目を強力なリーダーシップのもと経営革新を行い、時代や環境に適応していくことが企業永続性において重要であり、事業承継をどのように実現していくかが企業永続のポイントとなる。ファミリービジネスの定義は難しいが、オーナーシップ、ファミリー、マネジメントのスリー・サークル・コンセプトの要素が、ファミリービジネスの経営課題を左右する。また、一般的にファミリービジネスの方が、業績が良いとされるが、その強みは、4Cによる経営、つまり、夢の追及:Continuity〈永続性〉(コアビジネスへの傾注)、同志的結束:Community〈コミュニティー〉(従業員を大切にする)、良き隣人:Connection〈関係性〉(地域社会や利害関係者との連携)、企業家精神:Command〈指揮〉(ファミリーによる強いコミットメント)に起因する。したがって、企業永続には、強いビジョンと戦略が必要であり、家訓など経営価値による求心力の形成、連続と非連続のイノベーションこそが存続の鍵となる。そこで大切なのは、「存続」を企業目標とし、従業員や国、地域等への「分配」を公平にすることであり、地域における「信用」が最大の財産であるということである。

公開講座「企業永続の条件~事業承継の観点~」慶應義塾大学 名誉教授 奥村昭博氏/講座の様子

2012年6月23日~2012年10月27日(全5回開催)公開講座 ベンチャービジネス講座「やさしい経営学」

事業創造大学院大学 事業創造研究科 事業創造専攻 宮脇敏哉 教授

事業創造大学院大学では、ご家庭の主婦の方、個人商店を経営されている方、会社を経営されている方、専門学校生や大学生など、広く一般の方々を対象に2012年6月23日(土)より全5回シリーズに亘り「公開講座」を開催いたしました。

参加者の中には、“経営について以前から興味があり学んでみたかった”という方、“「やさしい経営学」というタイトルに惹かれて気軽に参加してみたいと思った”という方が、約半数以上を占め、「経営学」や「経営」について、高い関心を寄せる方々が集いました。

公開講座を担当された宮脇教授からは、「イノベーション」や「アントレプレナー」などの経営学用語から、「テーラーの科学的管理論」や「マグレガーのX理論Y理論」などの経営理論に至るまで、事例や実例を交えながら、わかりやすい解説が行われました。

公開講座全5回シリーズのうち4回以上出席された方々には、最終回となった5回目に「公開講座修了証書」が手渡されました。
たくさんの方々にご参加いただき誠にありがとうございました。

ベンチャービジネス講座「やさしい経営学」  事業創造大学院大学 事業創造研究科 事業創造専攻 宮脇敏哉 教授/講座の様子
起業家ならびに組織内事業創造を担い得るプロフェッショナルを育成する大学院
本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。 社会人の方が仕事と勉強の両立が可能なようフレキシブルな学習環境をご提供しております。 経営戦略、マーケティング、会計・財務、アントレプレナーシップ等の広範囲なMBA科目から、必修5科目と個人の目的に合わせて選択科目を履修することになります。 グローバルな視野を持ち「事業を創造すること」、そして「それを実現する強い精神を涵養すること」、それが事業創造大学院大学の理念です。

本学では、MBA経営管理修士(専門職)の取得にとどまらず、起業家の育成を目指します。

学校法人 新潟総合学園 事業創造大学院大学(専門職大学院)/英文名:Graduate Institute for Entrepreneurial Studies
許可なく転載を禁じます/Copyright(C) All Rights Reserved.

新潟キャンパス:〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
TEL:025-255-1250 FAX:025-255-1251