寺田 隆文さん

顧客ニーズに対する知識・経験不足の通関と試験の壁に直面

寺田 隆文さん

逸見公認会計士事務所

2017年4月本学入学

入学動機

現在の事務所に勤務して12年。仕事にも慣れ、クライアントとの信頼関係も少しずつ築けてきた中で、私は2つの壁にぶつかりました。1つは複雑化・多様化する顧客ニーズに対応するための知識や経験の不足、もう1つはプライベートでの税理士試験連続不合格。

打ちひしがれている私を見かねてか、上司から本学のパンフレットを渡され、一念発起して入学を決意しました。

大学院で学びえたこと

仕事柄、他の会計事務所の方たちとの交流はほぼない中で、税理士試験科目合格という同じ目標に向かって、ライバルでもあり同志でもある同業職員の方たちとの交流は、毎日とても刺激的です。

今後の目標

実務において知識不足を痛感していた分野(マーケティング論やビジネスプラン作成法など多数)に関する専門知識を、これから貪欲に吸収していきたいと考えています。

これから税理士科目免除を検討される方へのメッセージ

税理士試験対策で行われているような税法理論の丸暗記や、実務ではおよそ使う機会が無いような特殊な計算問題などに終始する学習ではなく、実務に役立つ専門的知識を習得しながら、より効率的に税理士資格を取得することができる本学での2年間は、みなさんにとっても非常に有意義だと思います。

このページのトップへ