履修証明プログラム|目的別にカリキュラムをパッケージした新しい学習スタイル

目的別にカリキュラムをパッケージした新しい学習スタイル。
目的・分野ごとに3~4科目の講義をパッケージングした履修証明プログラムがスタートします。

社会人のニーズにピンポイントに
設計されたプログラム

「履修証明プログラム」は、専門性の高い教員、実績のある教育ノウハウなどを比較的短い期間と安い受講料で設計されている、学校教育法に定められた正式なプログラムです。
「専門性を高めてスキルアップしたい」「新たな業界に転職を果たしたい」など様々な社会人のニーズに応えたプログラムになっています。

プログラム修了生には
「履修証明書」が交付されます

履修証明プログラムを修了された方には、プログラムの概要や総履修時間数及び単位数を記載した「履修証明書」を交付いたします。交付された履修証明書は履歴書の学歴欄に記載することが可能です。

2023年4月 事業創造大学院大学 顧客拡大・市場開発プログラム入学
2024年3月 事業創造大学院大学 顧客拡大・市場開発プログラム修了

通学時間を気にせず、
オンライン受講で時間を有効活用

遠方在住の方や通学圏外の方など、オンライン履修が可能となりました。仕事終わりに会社から、夕飯を食べた後に自宅から講義に参加することができます。
※オンライン履修には規程がございます。詳しくは本学「オンラインMBA」ページからご確認ください。

取得した単位は、
本科生として入学後に単位認定可能

履修証明プログラム生として取得した単位は、その後、本科生として入学した際には、大学院の修了に必要な単位として認められます。(※14単位を超えない範囲)
また、他の大学院への進学の際にも単位として認定されます。
※他大学院へ進学する場合は受入大学院側の審査があります。

プログラム紹介

「起業・事業創造を学ぶ」
目的

本学MBA課程の特色である事業創造教育の、最もコアとなる4科目で構成されたプログラムです。
独立起業や組織内での新規事業創造を志す方、また、そうしたスタートアップに於ける経営管理に関心がある方が、起業実践に際し役立つ基礎的な知識や技法を体系的に学ぶことができます。

科目

「アントレプレナーシップ論」
「ビジネスプラン作成法」
「マーケティング」
「財務会計論」

「経営計画・管理の高度化」
目的

起業、事業承継および新規事業創造を志す方、関心がある方が、起業家精神、事業計画書の作成、市場のとらえ方、管理会計を通じた財務会計について身につけることができます。

科目

「経営戦略」
「ビジネスプラン作成法」
「組織マネジメント/組織行動論」
「管理会計論」

「後継者育成と事業承継」
目的

創業以来培われた技術やノウハウ、資産を受け継ぎながら漸進的だが時代の潮流に対応して進歩する中小企業が存在する。このプログラムでは製造業の中小企業の事例を中心に事業の維持発展に意欲持つ経営者の実像と事業承継、経済発展における中小企業の役割について理解する。

科目

「中小企業と事業承継」
「財務会計論」
「経営戦略」

「IoT/AI活用の基礎力取得」
目的

本プログラムでは、AI、ビッグデータ、IoTなど基礎的な知識を学びITを通じた課題解決、事業創造・革新を検討できる能力を取得するとともに、デジタル技術の社会的危険性についても議論していきます。そこで、本プログラムの履修証明は、デジタル社会の基礎知識として社会人が身に付けるべき素養であるITリテラシーを有することの証明となりえます。

科目

「IT 基礎技術」
「IT ソリューション」
「ICT 技術戦略」
「AI と応用」

「顧客拡大・市場開発」
目的

企業等で経営企画、事業・製品開発、マーケティング等の仕事に関わる方、ならびにそれらの仕事に関心を持つ方を主な対象として、顧客の拡大や市場の開発に必要なマーケティング理論とその応用法を学び、そのための適切な戦略と戦術の立案ができる能力を養います。また、必要なデータの収集方法、情報・データの取り扱いを理解し、調査の企画・立案から、実査やデータの収集、分析、解釈まで一貫して実施することが可能となります。さらに、フィールドスタディによる現場の観察・分析・考察を通して、問題発見力や提案力などを養うとともに文献や統計から得た情報をそのまま鵜吞みにせず、現場での実際の体験を通して分析・考察につなげることができる人材を育てます。

科目

「マーケティング」
「市場調査法」
「地域フィールドスタディ」

「ファイナンスの高度化」
目的

企業等で会計やファイナンスに携わる方とファイナンス・会計関連分野の新しい動きに関心を持つ方を主な対象として、一般的なファイナンス(起業家向けも含む)や管理会計を学ぶことに加えて、近年注目を集めるCFOの役割やESG投資、フィンテック、暗号資産、統合報告書(企業経営と持続可能性の開示)の動きについて学ぶことを目的とします。
企業側視点では、持続可能性の取組を投資家の支持にどのようにつなげるか、投資家側視点では、企業の取組をどのように評価するかを学ぶことで、持続可能性意識の社会的な高まりに貢献することが期待されるほか、近年の金融の新しい動きや、「貯蓄から投資へ」の適格な転換を実践できる基盤となる能力を身に付けることが期待されます。

科目

「アントレプレナーファイナンス」
「コーポレートファイナンス」
「管理会計論」

「人的資源の活性化」
目的

本プログラムは、企業の経営者、および企業で人事、経営企画等の仕事に関わる方、ならびに人的資源の活用に関心を持つ方を主な対象として、人と組織に関わる分野全体を体系的に学ぶことを目的としています。
具体的には、人事戦略や人事諸制度、新しい働き方、労働法、労使関係、ダイバーシティ、リーダーシップ、企業文化、コミュニケーション、人的資本の測定と開示、人事DXなどの分野が含まれます。

科目

「組織マネジメント/組織行動論」
「人材マネジメント/人的資源管理論」
「人的資本経営とDX」

履修料金

3科目プログラム
3 5 6 7
400,000円
4科目プログラム
1 2 4
500,000円
  • 料金には出願選考料、年間登録料が含まれます。
  • プログラム2・4・7は一般教育訓練給付金の申請をしております。詳しくは本学事務局までお問合せください。
2022 © Graduate Institute for Entrepreneurial Studies. All Rights Reserved.