事業創造大学院大学「第1回オンライン学生交流会」開催報告

国際交流

2020年06月27日

2020626日(金)、事業創造大学院大学は4月に入学した新入学生(留学生)を対象にMicrosoft Teamsを使用して「第1回オンライン学生交流会」を開催しました。
 
現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下で、本学の授業運営を対面授業からオンラインに切り替えて行っていますが、在学生はもとより20204月に入学したばかりの新入学生(留学生)にとって、同じ時期に入学した学生同士が直接、接することができず、それぞれ不安な気持ちを抱えたまま授業に臨まれています。
 
「第1回オンライン学生交流会」は、本学の学生委員会が考案したもので、新入学生(留学生)であるインドネシア、カンボジア、中国からの留学生が参加したほか、大塚教授、里見教授、事務局職員も参加しました。
 
交流会では、自己紹介からスタートし、テーマトークとして、①最近あった嬉しかったこと、②Stay Homeの過ごし方、③将来の夢などについて、語り合いました。
 
オンライン授業を受講する学生からは、仙石学長が担当する「IT基礎技術」に話題がおよび、情報処理及び情報通信技術のみならず、数値変換で必要不可欠な数式(数学の知識)の習得に苦労しているとの意見がありました。

これに対して「ICT技術戦略」、「ITソリューション」、「AIと応用」を担当する大塚教授から「数学の魅力とは正解が1つである」との助言があり、意見した学生も大塚教授のアドバイスに共感し、今後も引き続き努力して気持ち新たに取り組んでいくことを決意されていました。
 
本学では、今後もこの「オンライン学生交流会」を継続開催していく方針です。新入学生だけではなく、M1-2以降の在学生も交え行っていくことを検討しております。

学生の皆様とともにこの困難な状況を乗り越えるべく、企画してまいります。

次回は多くの学生の皆様が参加されることを期待しています。

このページのトップへ