吉川 富夫

事業創造大学院大学 国際公共政策研究所 所長

吉川 富夫

Yoshikawa Tomio

東京都庁、経済企画庁、NY市等で公務員生活約25年。政策調査・立案、都市開発、文化行政に携わる。その後、研究者および教育者および実践家の道へ。理論経済学をベースに、現場に根ざした分析・研究と改善・改革の方策を探る。

氏名

吉川富夫

現職

国際公共政策研究所所長、事業創造大学院大学客員教授

学歴・学位

東京大学大学院 工学系研究科 先端学際工学専攻修了(工学博士)

東京大学 経済学部 経済学科卒業(経済学士)

職歴

1973 – 2001年 東京都総務局、政策室、企画審議室、フロンティア推進本部、生活文化局
(うち、1990-1992年 米国NY勤務)、建設局など

1979 – 1982年 経済企画庁調査局内国調査課

2001 – 2004年 財団法人東京市政調査会研究部

教育・研究に関する活動

2001 – 2005年 中央大学大学院経済学研究科 兼任講師

2004 – 2005年 財団法人地方自治総合研究所 特別研究員

2005 – 2013年 県立広島大学 学長補佐 経営情報学部 教授

2011 – 2013年 大阪市立大学大学院創造都市研究科 兼任講師

2013 – 現在   大阪経済大学 経済学部 客員教授

社会活動

日本福祉法人経営学会理事、過去に、東京都杉並区外部評価委員、大阪府・市統合本部特別参与、大阪市立大学経営審議会委員、大阪府立大学経営会議委員、公立大学協会専門委員、広島県経済財政会議委員、広島市行政評価委員長、等を務める。

現在所属の学会

日本自治体学会、日本公共政策学会、, 日本計画行政学会 , 日本評価学会 , 日本都市計画学会、日本福祉法人経営学会、行政経営フォーラム

主な研究業績

『業績測定による地域経営戦略』(渓水社)、『米国における地域経営の新展開』(公人社)、『都市計画の挑戦』(学芸出版社共著)など。

このページのトップへ