大嶋 啓介

株式会社てっぺん 代表取締役

大嶋 啓介

Oshima Keisuke

夢と希望を与える講演家、株式会社てっぺん代表取締役。
1974年1月19日(「いい空気」をつくるために)、
大好きな三重県桑名市で生まれる。
「可能性に気づけば人生が変わる」をモットーに、人の可能性の伸ばし方を追求するなか、
ひすいこたろう氏と出会い、てっぺんで行われる朝礼も「予祝」の力だと知り、一目惚れする。
「居酒屋から日本を元気にしたい」という熱苦しい思いで、
居酒屋「てっぺん」とNPO法人居酒屋甲子園を設立。
てっぺんの『本気の朝礼』は日本中で話題となり、数々のメディアに取り上げられる。
現在、この朝礼は企業だけではなく、修学旅行で朝礼体験に訪れている中学・高校の部活などでも取り入れられている。
また、日本オリンピック代表のソフトボールのチームに朝礼研修を行い、北京オリンピックでは金メダルに貢献。
2015~2018年にかけて、高校野球の約50校に、チーム強化のためのメンタル研修を行い、そのうちの14校が甲子園出場を果たしている。
現在では、人間力大學や一般社団法人日本朝礼協会を設立するなど、企業講演だけでなく、学校講演を中心に全国で活動している。
座右の銘は「大人が輝けば子どもが輝く。子どもが輝けば日本の未来が輝く」。
◆大嶋啓介オフィシャルホームページ http://oshimakeisuke.com/
◆人間力大學ホームページ http://ningenryokudaigaku.com/

このページのトップへ