MBAが取得できる

MBAとは

MBAとは、経営管理修士の英文名称Master of Business Administrationの略称であり、経営管理修士とは、本学のような経営を学ぶ大学院(ビジネススクール)を修了することにより与えられる学位です。
MBAを取得することにより、「ヒト(組織、人事)」、「モノ(経営戦略、マーケティング、オペレーション)」、「カネ(会計、ファイナンス)」、「情報(IT)」に関わる知識とスキルを体系的に学ぶことができ、また、豊富なケーススタディにより問題解決力も身に付けることができます。

MBA取得で得られる専門性

国際社会は激動の時代を迎え、グローバル競争に直面する中、過去の成功体験や経験だけでは、なかなか解決できない問題に直面することが増えてきました。このような正しい答えのないビジネスの世界では、自らの視点で物事を捉えて分析し、考え、実践し検証を繰り返し行うことで最適な解答を導き出すことができる「問題解決力」が不可欠となってきています。
本学では「経営学」を学ぶことで多様な専門性を得ることができるとともに、あらゆるビジネスシーンにおいて応用できる能力を身につけることができます。

MBA取得でえられる専門性

経営管理修士(専門職)とは

  • 本学を修了すると、経営管理修士(専門職)という学位を取得することができます。「経営管理修士」の後に「(専門職)」が付きますが、これは、高度専門職業人を養成する専門職大学院(プロフェッショナルスクール)が付与する専門職学位だからです。

このページのトップへ