中山 幸則さん

税法合格に長期間苦労する現実を目の当たりにして

中山 幸則さん

L&Bヨシダ税理士法人

2017年4月本学入学

入学動機

私は新潟経営大学在学中に、日商簿記1級と税理士試験2科目(簿記論と財務諸表論)に3年生で合格しており、続けて4年生、卒業後と所得税法・消費税法の受験勉強をしておりました。しかし3科目、4科目合格していながら、その先の税法の合格に長期間苦労している先輩方の現実を目にし、会計事務所で働きながら通学でき2年で税法を免除できる本学に魅力を感じ入学を決意しました。

大学で学びたいこと

本学では、税法の知識を身に着けるのみでなく、マーケティングやビジネスプラン作成法など経営者に求められる知識を身に着け、自分の顧問先の経営相談に生かしていきたいです。

今後の目標

私は簿記論・財務諸表論に加え消費税法に合格しており、税理士まで後は修士論文作成を残すのみとなりました。学歴も修士を得られることから、母校新潟経営大学の非常勤講師なども視野に入れています。

これから税理士科目免除を検討される方へのメッセージ

消費税法は働きながら3回目の受験で合格しましたが、入所前の1回目、2回目は受験専念であり、2回目の受験では手ごたえがあったものの不合格(A判定)でした。私自身働きながらゼロから勉強していたらいまだに合格していないと思います。税法の合格レベルの人たちには予備校を2つかけもちしている人も珍しくありませんので本当に厳しいです。1科目に集中し合格したら本学のような大学院に進学するのが有効だと思います。

このページのトップへ