須田 伴美(旧姓:中沢)さん

勤務先地域に貢献できる税理士を目指して

須田 伴美(旧姓:中沢)さん

中沢法務事務所

2018年3月本学修了

入学動機

私は以前保育業界で働いておりましたが、将来性含む衛生要因の不満足の未解消及び税理士業務への興味の増加を踏まえ、転職を考えておりました。しかし、自習学習のみでの税理士資格取得への不安を感じてもいました。そんな折に、本学の税法演習コースを知り、「租税法」の基礎知識を早期に身につけるために入学を決意いたしました。

大学院で学び得たこと

在学中は「租税法」に関する知識は勿論、人生に関する総合学習をしていたと感じております。本学は国籍・性別・年齢・職種の区分とは無関係に、互いの知識や意見を交換する場がとても多くあります。異業種で働く人・日本以外の文化背景の人との交流は、多角的視点・思考を養う糧に必ずなります。私は在学二年間で、職務及び私生活での活動・交流範囲が確実に拡がりました 。

今後の目標

税理士資格取得を第一の目標としております。加えて資格取得後に勤務先地域に大きく貢献するため、「租税法」のみではなく他の公法私法、「経済」「経営」等の知識も継続して学ぼうと考えております。

これから税理士科目免除を検討される方へのメッセージ

在学中は日々時間に追われる生活が予想されるため、入学を不安に思う方も多いでしょう。しかし、入学後は演習担当の先生方が深い知識と忍耐を持って指導してくださり、確実に受講生の実力向上へと導いて下さいます。そして、修了生・在学生らは同じサムライ業の苦労を共有できる貴重な仲間となるでしょう。また本学は、気軽に国際・異業種交流できるという利点もあります。それらも含め検討していただけたらと思います。

このページのトップへ