横井 一泳さん

MBA修得は顧客の事業発展の支援に必ず役立つもの

横井 一泳さん

2017年4月本学入学

入学動機

本学には、税法演習履修により税理士試験の一部科目免除申請を行うことができるということを知り、興味を持ちました。効率的な資格取得を目指すことはもちろんですが、独学で行う試験勉強では得ることのできない深い知識の追求は、今後より一層専門性を高めていきたいと考える私にとって必要な経験であると思い、入学を決意しました。また、MBAの学位取得を目指すプログラムでは経営全般を幅広い分野から学ぶことができ、将来税理士として顧客の事業発展の支援を行うにあたり必ず役立つと考えたことも入学動機の一つとなっています。

大学院で学び得たこと

今まで財務の面からしか見ていなかった「経営」を様々な視点から見ることができ、大変興味深い毎日です。特に企業倫理や税法演習は、実務を行う意義を見出すことができ、体系的な理解が深まっています。毎日の実務の中で感じてきた疑問や、専門的に学びたいという知欲を満たすことのできる環境に、学ぶことの幸せを感じています。今後は広い視点で「経営」を見ることのできる税理士として、クライアントや地域に貢献していきたいと思います。

今後の目標

卒業後は、在学中に学んだ法律の概念や、経営を多角的に視る力を活かし、税理士としての経験を重ねていきたいと考えています。そして将来は、修士論文作成にあたって学び得た税法の専門知識を活かし、クライアントや地域に幅広く貢献できる税理士として活躍していけたらと考えています。

これから税理士科目免除をされる方へのメッセージ

私の最終学歴は大学卒ではありませんが、資格審査を経て本学に入学しました。税理士を目指し学びたい意思を持ちながらも、入学を諦めかけていたとき、本学の学校説明会に参加し、事務局の方や指導教員に背中を押していただき、入学に至りました。入学後は同じ目標に向かう仲間から刺激を受け、共に税法の理解に励む毎日です。一人で試験勉強を続けることとはまた違う大変貴重な時間となっています。私のように入学をためらっている方にも税理士への門戸が開けるチャンスが本学にあるということを知っていただきたいと思います。

このページのトップへ