近藤 類さん

大学院で身に付けた知識と技術に自信が持て、今は社内で新分野の事業創造に取り組んでいます

近藤 類さん

株式会社遠藤製作所

2008年3月本学修了

新たな考え、価値観が生まれた2年間

入学のきっかけは、企業派遣として「2年間勉強してこい」という会社からの打診でした。とはいえ、具体的な指示は無かったため、これまでとは異なる分野を学び、新たな考え方や価値観を構築できたらと思い、取り組むことに。今ではあらゆる事象に対しマクロ、ミクロ的観点で考えられるようになったと感じています。物事は多面的に見ることで、その事象に対するアプローチの仕方や結果は無数に存在する。その中の「最適な解」を導き出し、選択できるようになったと思います。

知識と自信が身に付いた

現在、社内で新事業の立ち上げを行っています。それも、本学で得た知識とテクニカルな面から臆すること無く、取り組むことができています。こうした知識面は当然ですが、新しい事を起こそうという「思い」や「意志」といった、精神的、哲学的な面からも大きな影響を受けたことが、今の仕事に役立っていると確信しています。新しい事にチャレンジする「魂」を貰うことができました。

演未来を切り開く「場」

企業派遣の場合は会社からのミッションを与えられて来られる方が多いと思います。確かに会社のミッションも大切ですが、その前に「貴方」が「どうしたいか」「何をしたいか」をハッキリさせ入学する事が大事と考えます。ある「思い」を持った皆さんには必ず本学は期待に応えてくれるでしょう。熱意ある先生方、刺激を与えてくれる仲間に囲まれながら素晴らしい「時間」を共有できます。2年後に皆さんは未来を創造できる「知恵」「思い」を持って新たな出発ができると確信しています。

このページのトップへ