徳永 崇さん

戦略的な事業創造プロセスの研究が大きな財産

徳永 崇 さん

株式会社ブルボン 製造管理部 資材管理二課 課長

2017年3月本学修了

入学動機

上司より入学を勧められたことに加えて、就職してから学んできた考え方の枠を超えて、今後の業務にも活かせる発想や知識が習得でき、人生の中でも数少ない自己変容できる大きなチャンスと捉えて入学を決意しました。

大学院で学び得たこと

本学の講義では、思考プロセスや分析評価法及びマネジメント等、どの科目にも業務に必要な理論が多くあり、内容が豊富で、どんどん興味が湧いて体系的に習得することができました。さらに習得した知識や理論は、現在の自分の立場に落とし込んで実践してみる。また軌道修正する為に、さらに理論に落とし込んで考え、再度実践してみる。このプロセスが非常に重要であることを学びました。また、事業計画書の作成を通じて、戦略的な事業創造プロセスについて研究して体得したことは、今後の業務においても大いに活用できる財産となりました。

今後の目標、事業展開等

今後は学んだことを活かし、取引先と協働で購入資材の調達方法を革新するビジネスモデルの創造に取り組みたいと考えています。さらに、企業内での様々な企画立案や新規事業の構築などを通じ、ブルボンブランドの価値育成や企業価値の向上を通じて、ブルボンを世界中の人から愛される企業に発展させたいと志を新たにしています。

これから入学を検討される方へのメッセージ

本学では、互いに刺激し合える多くの仲間と出会えることで、知識や理論の学習だけではなく、自分自身を見つめ直す良い機会を得ることができます。また、改めて、いくつになっても学ぶことの意義と楽しさに気づくことができると思います。

このページのトップへ