2022年度春学期「学位記授与式・修了式」を挙行

お知らせ

2022年09月17日


2022年9月16日(金)、事業創造大学院大学において、新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止対策を徹底した上で丸3年ぶりに対面(+オンラインのハイフレックス方式)での「学位記授与・修了式」が挙行されました。

【来賓紹介】

◇カザフスタン共和国 アブライ・ハン名称カザフ国際関係外国語大学
東洋学部日本語教師 ジュバティク・ウルダリア 先生 

◇事業創造大学院大学 同窓会会長
阿部 貴美 氏
(※本学 2012年3月修了生)

また修了生の母校である本学交流協定校よりお祝いの言葉を頂きました。

◇中華人民共和国 塩城師範学院 
商学院 准教授 包 振山(ホウ シンサン)先生
国際課 周 金祥(シュウ キンショウ)先生

◇タイ王国 泰日工業大学
コーペレーティブ エデュケーション センター
講師 水谷 光一先生

◇ベトナム社会主義共和国 ダナン外国語大学 日本語・韓国語・タイ語学部 講師
Pham Thi Thu Trang(ファム・ティ・トゥ・チャン)先生
(グェン ヴァン ドアンさんの出身大学)

【学位記授与】
2020年10月に入学し2022年10月をもって修了を迎えられた日本人6名、留学生16名(中国から7名、ベトナムから2名、カザフスタンから2名、インド、インドネシア、タイ、イタリア、カンボジアから各1名)を含む22名の皆様に「MBA経営管理修士(専門職)」が授与されました。


【学長 式辞】

式典では、五月女学長から修了生の皆様へお祝いの言葉が贈られました。

1.
コロナ禍という脅威の中で、皆さんはポストコロナに向けて、非常に貴重な経験をしたということに自信と誇りを持ってください。
今後、このプラス面を活かして仕事に取り組んでください。

2.
MBAとして期待されるのは、型通りの知識や分析ではなく、いかに新たな価値を創造できるかだと思います。
皆さんは本学で学んだことをベースとして、創造的な発想・応用力を発揮していただきたいと思います。

3.
未だコロナは高止まりという状況で、先行きは不透明です。
コロナに限らず、体調や心理状態に留意しながら、今後、皆さんが活躍していくためにも全ての基盤となる心身の健康にくれぐれも留意してください。

結びとしてこれからは皆様の母校は、本学です。
本学の修了生は県内外国内外で活躍されています。この人的ネットワーク、友人としての同期の修了生を一生の財産としてほしいです。

五月女学長は、本学でMBA学位を取得された修了生の皆様の努力と功績を称えました。


【修了生代表 答辞】
続いて、修了生代表の古谷さんが答辞を述べられました。

【事業創造アウォード 表彰】
式典終了後には、本学の修了要件でもある専門職成果報告書(学位論文)最終審査において、優秀な成績を修めた者を表彰する「事業創造アウォード」の受賞に移りました。
今回は、1名が事業創造アウォード優秀賞に選ばれました。
修了生22名一人ひとりが集大成として仕上げた専門職成果報告書(学位論文)は、価値のあるものばかりでした。

参加いただきました関係者の皆様、この度はお忙しい中「学位記授与式・修了式」へ参加いただき、本学教職員一同、心より御礼申し上げます。

修了された皆様、2年間、大変お疲れ様でした。そして改めましておめでとうございます。教職員一同、修了生の皆様の更なるご活躍とご健勝を心から祈念いたします。

このページのトップへ