ウズベキスタン共和国/サマルカンド国立外国語大学と大学間学術交流協定を締結

国際交流

2021年04月06日

2021年34日、事業創造大学院大学は、ウズベキスタン共和国の第二の都市、「青の都」とも称されるサマルカンド市に位置するサマルカンド国立外国語大学と大学間学術交流協定を締結しました。

 

 

同大学とは202011月より、JICA(独立行政法人国際協力機構)ならびにウズベキスタン共和国の首都タシケント市に拠点を構える名古屋大学ウズベキスタン事務所のElmurodov Eldorjon(エルムロドフ・エルドルジョン)副所長のご協力のもと、大学間交渉を重ねてまいりました。

※名古屋大学ウズベキスタン事務所は、20103月、文部科学省国際化拠点整備事業(グローバル30)により、海外大学共同利用事務所としてウズベキスタンと日本との留学生交流活動促進を目的として開設された組織です。

 

サマルカンド国立外国語大学は、ウズベキスタン共和国内で3つある日本語専攻をもつ高等教育機関のうちの1つに該当し、日本政府の援助により大学構内にはLL教室が設置されるなど日本語を含む各種外国語教育を行う国を代表する総合外国語大学です。

 

経営系専門職大学院(ビジネススクール)としては本学が日本初の締結となり「世界16か国43大学」目の締結となりました。

 

この度、サマルカンド国立外国語大学との交流協定締結に際して、両大学間調整のためにご協力いただいたJICA(独立行政法人国際協力機構)ならびに名古屋大学ウズベキスタン事務所のElmurodov Eldorjon(エルムロドフ・エルドルジョン)副所長に対し、本学教職員一同、心より感謝申し上げます。

 

事業創造大学院大学は、サマルカンド国立外国語大学とともに、ウズベキスタン・日本両国の発展に寄与する人材育成や国際交流を推進してまいります。

このページのトップへ