インド国籍学生が「BBC News Marathi」 の取材を受け配信されました

国際交流

2021年07月26日

2020年10月に入学したインド/ティラク・マハラシュトラ大学大学院出身(本学交流協定校)のSai Prakash Shidhaye(サイ・プラカシュ・シダエ)さんが、英国放送協会(British Broadcasting Corporation)が配信する 「BBC News Marathi」に登場し「東京オリンピック・パラリンピック」について取材を受けた様子が配信されました。

取材を受けたサイさんより、以下のコメントおよび感想をいただきました。

*****************
先日は母国であるインドのBBCニュースネットワークから東京で開催されているオリンピック2020についてインド人の視点からの感想を聞かれました。
新型コロナウイルスの変異株が次々と登場している中、インドを含め、様々な国からの日本への入国が禁止されている状態でオリンピックを開催することには反対の声も上がっていますが、パンデミックはいつ収まるかは誰もわからないではないでしょうか。
オリンピックを目指して一生懸命練習している選手たちや大金をかけて準備している日本政府のことも考えなければならないのではないかと思います。
パンデミックの危機に負けないで、必要な予防措置を講じつつ、方法を変えつつもコミットメントを果たして開催されている今回のオリンピックは歴史的なイベントになると思います。
これは日本人の決意の象徴だと思います。
この取材を通して少しだけ日本の観点をインド人に伝えることができて非常にありがたいです。
*****************

※BBC News Marathi のFacebookはこちら
https://www.facebook.com/1218471521614509/posts/3946254905502810/

コロナ禍の中、開幕した東京オリンピック・パラリンピック。サイさんがおっしゃるように、歴史的なイベントとなるよう期待しています。そして、スポーツを通じた世界平和とともに、パンデミックの一刻も早い終息により、世界中の人々が安心して暮らせる日々が取り戻せることを切に願っております。

このページのトップへ