本学交流協定校/ベトナム・貿易大学(元日本語学部長)が令和3年度外務大臣表彰を受賞

国際交流

2021年08月27日

2021年8月20日、日本国外務省は、令和3年度外務大臣表彰受賞者(個人・団体)を発表し、本学交流協定校であるベトナム・貿易大学の元日本語学部長 兼 ドンドー日本語センター校長であるNguyen Van Hao(グェン・ヴァン・ハオ)先生が個人部門で受賞されました。

外務大臣表彰は、多くの方々が国際関係の様々な分野で活躍し、我が国日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体について、その功績を称えるとともに、その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としています。

Nguyen Van Hao先生は、2009年にベトナムを代表する貿易大学と本学が交流協定を締結する際にご尽力いただいたのみならず、その後も両大学間の国際交流や人材育成、貿易大学をはじめとするその他ベトナムを代表する大学との交流促進の面で多大なるご指導・ご支援をいただいております。
また、貿易大学で教鞭を執るだけでなく、日本語教育の推進・両国発展に寄与する人材育成の普及を図るため、ドンドー日本語センターを設立し「ベトナムにおける日本語教育の第一人者」として現在もご活躍されています。
今回は、ドンドー日本語センター校長として「ベトナムにおける日本語教育の推進」が評価され、外務大臣表彰受賞に至りました。

受賞を受け、Nguyen Van Hao先生より以下のコメントをいただきましたのでご紹介させていただきます。
====================
お祝いのお言葉ありがとうございます。
お陰様で外務大臣表彰を受賞させていただけるようになりました。
これは皆様方のご指導及びご支援のお陰でございます。
私どもにとって非常に光栄なことだと思っております。
本当に嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。
====================

この度は、誠におめでとうございます。本学教職員一同、心よりお祝い申し上げます。

※写真、左から2人目がNguyen Van Hao先生(Hao先生左隣が本学五月女政義副学長、右隣が鈴木広樹教授、右端が本学ベトナム国際交流担当職員)撮影場所:ドンドー日本語センター(2015年11月27日撮影)

このページのトップへ