10/28(木)新潟日報朝刊にベトナム人在学生と修了生が掲載

国際交流

2021年10月28日

2021 年10月28日(木)、本学に2020年4月に入学したベトナム/ホーチミン市工業大学出身のPham Huu Tien(ファン・フウ・ティエン)さんと、ベトナム/ハノイ国家大学外国語大学出身の起業家修了生 新潟におけるベトナム人協会 理事長 兼 株式会社リンコネクト 代表取締役社長のPham Phuong Linh(ファム・フォン・リン)さん が新潟日報朝刊(社会面)に掲載されました。

人口減少などを背景に、新潟県内で暮らすベトナム人留学生や技能実習生などは2011年以降、増加傾向(2020年はコロナの影響で横ばい)にあり、その反面、技能実習生への残業代未払いや低賃金問題など課題も浮き彫りとなっています。

日本国憲法上、外国人に参政権が認められていないため、衆議院議員選挙を前にした今、外国人労働者にも光をあてた政策を期待する声もある中、ファン・フウ・ティエンさんは、困窮した技能実習生と受け入れ企業間の通訳を介して、低賃金や残業代未払い、コロナ禍で帰国困難に悩む同国ベトナム人との出会いから「経済的に悩む外国人のためになる政策を打ち出してほしい」とコメントされています。

また、ファム・フォン・リンさんはコメント掲載はないものの、ご自身の活動を通じて技能実習生として働くベトナム人の相談に乗る様子がティエンさんとともに写真で掲載されています。

     

ぜひ皆様には本学在学生・修了生の活動にも注目していただけたなら幸いです。

本学教職員一同、ティエンさん、リンさんの益々のご活躍を祈念しております。

このページのトップへ