• ホーム
  • 最新情報
  • オープンキャンパス
  • 1/22(土)13:30~【地方企業の成長戦略セミナー】(株)ハードオフコーポレーション山本代表取締役社長×富山副学長  オンライン開催・参加費無料

1/22(土)13:30~【地方企業の成長戦略セミナー】(株)ハードオフコーポレーション山本代表取締役社長×富山副学長  オンライン開催・参加費無料

お知らせ

2022年01月12日

事業創造大学院大学では、1月22日(土)13:30~「地方企業の成長戦略セミナー」を開催致します。このセミナーは「成長戦略の考え方を学ぶ」「地方規模で循環型社会を実現する鍵」「海外展開の戦略と課題、克服方法」「自社の強みの捉え方を学ぶ」を学びの目標としています。オンライン開催・参加費無料ですので是非ご参加ください。

第1部

<タイトル>

「ハードオフ流経営とハードオフのこれから」

<山本太郎氏プロフィール>

1980年11月16日生まれ(41歳)

1999年3月  県立新発田高校卒業
2005年3月  早稲田大学商学部卒業
2005年3月  株式会社ファーストリテイリング入社
2007年10月 当社入社 社長室次長
2008年4月  事業創造大学院大学入学
2010年3月 事業創造大学院大学卒業 MBA取得
2011年4月  当社経営企画室長
2011年6月  当社常務取締役経営企画室長
2011年7月 株式会社エコモード代表取締役社長
2013年4月 当社常務取締役店舗運営本部長
2016年4月 当社取締役副社長兼店舗運営本部長
2019年4月 当社代表取締役社長(現任)

第2部

<タイトル>

リユース企業のグローバル展開の課題~「(株)ハードオフコーポレーション」を事例に~

<概要>

ローカルな地方企業が全国化し、グローバル市場へも進出している。リユース企業もそのひとつである。「㈱ハードオフコーポレーション」(本社:新潟県新発田市、東証1部)は、海外でも循環型社会の実現を目指し家庭内のものを幅広く買い取る「総合リユース」を行い、広域的な取引圏を形成するのではなく「循環型」店舗を中心にローカルな循環型社会の形成を目指しているグローカル企業である。今後の地球規模での循環型社会の実現を睨むなら、この企業の取り組みこそが1つのモデルとなろう。本講演では同社のグローバル展開に焦点を当て、その実態を明らかにすることで、地方のリユース企業のグローバル展開に際しどのような課題に直面し、それをどう克服してきたのか、リユース企業が「循環型」店舗を海外で成立・定着させるために必要な戦略課題を導き出す。その課題こそが、地球規模で循環型社会を実現する重要な鍵を示すものといえる。

<富山栄子プロフィール>

【担当科目】マーケティング、グローバルマーケティング
東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒。
商社にて、輸出入ビジネス、海外企画、外国為替他担当。テレビ局で報道番組の翻訳・解説、通訳・国際交流業務他従事。法廷通訳を経て、新潟大学大学院現代社会文化研究科修了(経済学博士)。専門はグローバルマーケティング、マーケティング。公益財団法人環日本海経済研究所共同研究員。
日本精機株式会社社外取締役監査等委員他。

<日 時> 2022年1月22日(土)13:30~15:40
<会 場> オンライン開催(ZOOM使用)※通信料は参加者負担となります。
(パソコン、スマートフォン、タブレットなどモバイル端末&インターネット環境必要)
<その他> 参加費無料、要予約

<スケジュール>

13:10  受付開始(ZOOMオープン)
13:30~14:00 事業創造大学院大学からのご案内
14:00~15:00 第1部「ハードオフ流経営とハードオフのこれから」
15:00~15:40 第2部 リユース企業のグローバル展開の課題~「(株)ハードオフコーポレーション」を事例に~

<学びのポイント>

● 成長戦略の考え方を学ぶ
● 海外展開の戦略と課題、克服方法
● 地方規模で循環型社会を実現する鍵
● 自社の強みの捉え方を学ぶ 等

<チラシ>
こちらから

<参加費> 無料

<申込方法>
1.オープンキャンパス申込専用フォームからお申込みいただくことが可能です。

2.その他E-mail、電話でもお申込みを受け付けております。その際は「お名前」「ご住所」「電話番号」「E-mail」「イベントを知ったきっかけ」の5点をお知らせ願います。

<申し込み締切>
2022年1月21日(金)17:00までに本学へご予約下さい。

<申し込み・お問い合わせ先>
事業創造大学院大学 事務局(担当:濱田・古谷・寺本・渡邉)
TEL:025-255-1250
FAX:025-255-1251
E-mail:admissions@jigyo.ac.jp

このページのトップへ