浅野 浩美

教授

浅野 浩美

Asano Hiromi

  • 人的資源管理/リーダーシップ論
  • 市場調査法
  • 演習Ⅰ

筑波大学大学院ビジネス科学研究科修了。博士(システムズ・マネジメント)。厚生労働省で、人材育成、人材ビジネス、キャリア教育、就職支援、女性活躍支援等の政策の企画立案に従事したほか、労働局長として働き方改革を推進。人事制度見直しのためのマニュアルを執筆。社会保険労務士。日本キャリアデザイン学会理事、経営情報学会理事、NPO法人日本人材マネジメント協会執行役員、ライト工業株式会社社外取締役等。

現職

事業創造大学院大学 事業創造研究科 教授

学歴・学位

一橋大学社会学部卒業(社会学士)

筑波大学大学院ビジネス科学研究科経営システム科学専攻修了(修士(経営学))

筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業科学専攻システムズ・マネジメントコース修了(博士(システムズ・マネジメント)

職歴

19834      労働省入省(上級甲 心理区分)

1991119916 人事院短期在外研究員(アメリカの若者雇用対策を研究)

1991719943 労働省大阪レディス・ハローワーク所長(初代)

1994419953 労働省婦人局婦人福祉課長補佐(育児休業法の改正)

1995419983 労働省職業安定局広報担当官(社内報の編集等)

1998420003 群馬県商工労働部職業安定課長(県内12ハローワークを統括)

2000420007 厚生労働省群馬労働局職業安定部長(兼総務部長事務代理)(初代)

2000820023 厚生労働省職業安定局労働市場センター業務室長補佐

2002420033 厚生労働省職業安定局中央職業指導官(求人情報提供のあり方を検討)

2003420053 (独)雇用・能力開発機構 キャリア支援部 職業意識啓発推進室長

2005420073 厚生労働省大阪労働局需給調整事業部長(人材ビジネス会社の指導)

2007420093 厚生労働省東京労働局需給調整事業部長(人材ビジネス会社の指導)

2009420113 厚生労働省職業安定局需給調整事業課主任中央需給調整事業指導官

2011420143 厚生労働省職業能力開発局キャリア形成支援室長(キャリア教育推進、ニート支援、キャリアコンサルティング推進、キャリアコンサルタント養成等)

2014420153 厚生労働省職業安定局訓練受講者支援室長

2015420163 厚生労働省職業安定局首席職業指導官(ハローワークの基本業務を統括)

2016420193 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構雇用推進・研究部長

2019420208 厚生労働省栃木労働局長

2020920213 厚生労働省職業安定局職業指導技法研究官(ハローワーク職員向けキャリアコンサルティング・テキストを執筆)

関連資格

・産業カウンセラー

・2級キャリアコンサルティング技能士

・国家資格キャリアコンサルタント

・社会保険労務士

教育に関する活動

20172019 法政大学大学院キャリアデザイン研究科兼任講師(キャリア開発論)

2020~現在 産業技術大学院大学産業技術研究科産業技術専攻非常勤講師(データサイエンス特別演習)

2021~現在 成蹊大学非常勤講師(キャリアセミナー)

※その他、慶應義塾大学総合政策学部、一橋大学、学習院大学、法政大学大学院政策創造研究科において、ゲストスピーカー等を務める。

現在所属の学会

日本キャリアデザイン学会(20169~理事)

経営情報学会(20194~理事)

国際戦略経営研究学会(201911~理事)

人材育成学会(201912~理事)

日本キャリア教育学会

日本キャリア・カウンセリング学会

経営行動科学学会

日本労務学会

社会的活動

20112012 文教大学高大連携運営委員会インターンシップ合同委員会「インターンシップ・勤労体験学習成果発表大会」審査員

20172018 中央労働災害防止協会高年齢者の安全と健康確保のための配慮事項に関する委員会委員

2020~現在 NPO法人日本人材マネジメント協会執行役員

2021~現在 ライト工業株式会社社外取締役

著書

・人材育成学会編(2019)『人材育成ハンドブック』, 共著, 金子書房.

・労務行政研究所編(2019)『65歳定年に向けた人事処遇制度の見直し実務』, 共著, 労務行政研究所.

学位論文

・修士(経営学):「キャリア・デザイン支援施策の効果に関する研究キャリア・デザイン研修に焦点を当てて」筑波大学.

・博士(システムズ・マネジメント):「企業コメント分析による中途採用の採否決定要因抽出に関する研究」筑波大学

学術論文

・浅野浩美・田中公司・津田和彦(2015)「テキストマイニングによる職業紹介機関が保有するデータからの採用決定要因の抽出について」『経営情報学会2015年春季全国研究発表大会要旨集』, p.253-257.

・浅野浩美(2015)「キャリアデザイン研修の効果及び効果間の関係に関する考察-A社における調査結果からー」、『国際戦略経営研究学会 第8回年次大会・研究発表報告要旨集』, p.153-156.

・浅野浩美・田中公司・津田和彦(2015)「テキストマイニングによる職業紹介機関が保有するデータからの不採用決定要因の抽出について」『電気学会情報システム研究会資料』, IS-15, 17-27.29, p.47-51.

Hiromi Asano, Koji Tanaka & Kazuhiko Tsuda2015)“Study on hiring decision : analyzing rejected applicants by mining individual job placement data of Public Employment Service Offices”, KES2015(19th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems), Procedia Computer Science 60, p.1156-1163.

Hiromi Asano, Koji Tanaka & Kazuhiko Tsuda2016)“Study on extraction of hiring or rejecting determinant the hiring company make much of than experience”, ICEPS2016 (International Conference on Education, Psychology, and Social Sciences), p.77-90.

・浅野浩美(2016)「キャリアデザイン研修の効果に関する考察 -A社の調査結果からみた組織間キャリア効力と効果との関係-」『国際戦略経営研究学会 第9回年次大会・研究発表報告要旨集』、p.163-166.

Hiromi Asano, Koji Tanaka & Kazuhiko Tsuda2016)“Study of hiring decisions by companies using text mining: Factor other than experience”, Artificial Intelligence Research, Vol. 6, No. 1, p.16-26.

・浅野浩美・田中公司・津田和彦(2015)「テキストマイニングによる求人企業のコメントからの採否決定要因の抽出」『経営情報学会誌』, 264, p.1-20.

・浅野浩美(2018)「中高年社員に対するキャリア研修の効果について―アンケート調査結果から―」『人材育成学会第16回年次大会論文集』p.175-180.

・浅野浩美(2019)「中高年キャリア研修の統計的手法による効果検証の試み」『日本キャリア教育学会第41回研究大会研究発表論文集』p.62-63.

・浅野浩美・渡部昌平(2020)「アメリカのキャリアカウンセリングの歴史的変化と日本のキャリアコンサルティング制度の課題と展望」『秋田県立大学総合科学研究彙報』, 21, p.17-24. ほか

学会口頭発表・書評等

・浅野浩美(2017)「書評 眞保智子著『障害者雇用の実務と就労支援 : 「合理的配慮」のアプローチ』」『キャリアデザイン研究』, 13, p.217-220.

・人材育成学会第15回年次大会シンポジウム「65歳以降の高齢者雇用」パネリスト(2017年).

・第92回日本産業衛生学会シンポジウム「エイジマネジメントから見た仕事の対処能力-職能評価の視点から-」パネリスト(2019年).

・日本産業衛生学会 エイジマネジメント研究会 秋のシンポジウム「高齢者活用企業に学ぶ―安全・健康に働き続けるための取り組み・工夫」発表者(2019年) ほか

調査報告書等

・高齢・障害・求職者雇用支援機構編(2017)『65歳超雇用推進マニュアル(全体版)』.

・高齢・障害・求職者雇用支援機構編(2018)『65歳超雇用推進事例集』.

・中央労働災害防止協会編(2018)「障害現役社会の実現に向けての課題と展望」『生涯現役社会の実現につながる高年齢労働者の安全と健康確保のための職場改善に向けて』p.5-15.

・高齢・障害・求職者雇用支援機構編(2019)『65歳超雇用推進事例集2019.

・浅野浩美(2018)「キャリア研修の現状と効果」『65歳定年時代における組織と個人のキャリアの調整と社会的支援』高齢・障害・求職者雇用支援機構, p.96-138.

・浅野浩美(2018)『定年延長、本当のところ』高齢・障害・求職者雇用支援機構.

・浅野浩美(2018)『継続雇用延長、本当のところ』高齢・障害・求職者雇用支援機構.

・浅野浩美(2019)『45歳からのキャリア研修』高齢・障害・求職者雇用支援機構.

・浅野浩美(2020)「中高年キャリア研修の仕事に関する行動面の効果検証の試み-傾向スコア・マッチング手法を用いて-」『進化する高齢社員の人事管理』高齢・障害・求職者雇用支援機構, p.80-90.

その他専門誌記事等

・「生涯現役を実現するためのキャリア開発支援(1回~第12)」労働調査会『エルダー』20175月号~20184月号(各4P.

・「中小企業における高齢者雇用にあたっての課題と対応」労働調査会『エルダー』2018年2月号, P.12-13.

・「高齢社員の活かし方」産労総合研究所『人事実務』201810月号, P.8-15.

・「定年延長・継続雇用の“本当のところ(調査報告・コラム・特別対談)」労働調査会『エルダー』20191月号, p.6-26.

・「キャリア研修の現状と効果~50代社員はキャリア研修をどう受け止めているか~」労働調査会『エルダー』20192月号, p.7-12.

・「65歳超の継続雇用を進めるために(第1回~第3回)」産労総合研究所『人事実務』20195月号~7月号(各6P.

・「働き方改革と新型コロナウイルス感染症」あしぎん総合研究所『あしぎん経済月報』20206月号. ほか

講演等

2011年以降 計44

・高齢者雇用や定年延長に関するもの:32

「継続雇用・定年延長の課題と効果」

「先進事例から学ぶ 高齢者雇用戦略」

「人生100年時代の働き方と健康づくり」

「高齢者活用企業に学ぶ―安全・健康に働き続けるための取り組み・工夫」 等.

・キャリアコンサルティング施策に関するもの:4

「わが国のキャリアコンサルティング施策の現状と課題」

「企業におけるキャリア形成支援を推進するために」 等

・キャリア教育に関するもの:3

「大学生のキャリア形成支援と若者の雇用をめぐる最近の動き」

「大学生等を日本の将来を担う人材に育てるために」 等

・働き方改革、外国人雇用対策、雇用情勢等労働政策全般に関するもの:2

「新型コロナウイルス感染症と雇用の動向」 等

・副業、ジョブ型雇用等働くことをめぐる新しい動きに関するもの:2

「行政とジョブ型雇用」

「副業とシニアを巡る企業の動向」

このページのトップへ