早川 博さん

人脈形成が将来の仕事の幅を決める

早川 博さん

取締役執行役員、経営企画室 ゼネラルマネジャー、 関係会社統括室 ゼネラルマネジャー、広報担当

2010年9月本学修了

何かを感じる人と見過ごす人のちょっとした違いが大きな差になって現れてくる

よく、成功した偉人たちのコメントに「運が良かった」という言葉を目にします。
「運」とは目に見えないもので、同じ事象を目の当たりにして、何かを感じる人と見過ごす人とちょっとした違いが大きな差になって現れてくる、それが「運」なのだと思います。私は企業派遣で入学させていただきましたが、社員約4,000人の代表で就学させていただいたことを大きな「運」をもらったと感謝しています。

経営者として必要な判断力を養うために基礎から実践まで幅広く履修

大学院で得たことは、やはり、事業計画を検討する上での手順、アプローチの仕方の基本が学べることだと思います。経営者として必要な判断力を養うために基礎から実践まで幅広く履修することができ、自身の中にアントレプレナーシップの一端を養うことができたように思います。

人脈形成が将来の仕事の幅を決めると言っても過言ではない

それと最も大きい財産は人脈づくりだと思います。修了して今年で10年になりますが、今でもいろいろ教えてもらったり連絡を取り合って情報交換をさせていただいております。仕事をする上で人脈形成が将来の仕事の幅を決めると言っても過言ではないように思います。

乗り越えるべきハードルの高さを決めるのも自分次第

仕事との両立は確かに大変で、相応な根性も必要です。でも、今この時点で入学を検討されているとしたなら、もうあなたはスタートラインに立っています。
自分が将来なりたい姿をイメージして、それが具体的であればあるほど充実した2年間になると思います。
乗り越えるべきハードルの高さを決めるのも自分次第。低ければそれなりに、高ければ大きく飛躍もするでしょう。
辛い時は、同じ思いを抱えている仲間たちと大いに語りあってください。年齢や経験も様々な仲間たちと話すことで、必ず突破口を見つけることができます。

このページのトップへ